犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ペットファースト

2007年08月04日

熱中症に気をつけましょう!暑さ対策!!

今日も、東京は暑いですあせあせ(飛び散る汗)
さっきまで、窓全開で頑張っていましたが、とうとうクーラーを
つけてしまいました・・・。

夏といえば、「熱中症」に気をつけなければいけませんねひらめき

今日は 【熱中症/日射病/熱射病】 について書きます。

犬は、基本的に寒さに強く、暑さには弱い動物です。
なぜなら、犬には汗腺がないため、体温が上昇した時に、汗を出して
体温を下げる事ができないからです。
犬は、口をあけて空気を体内に入れたり、出したりして体温調節
をしています。

原因

・温度が高く、換気の悪い部屋にいる。

・直射日光を長時間浴びる。(炎天下の中の散歩、遊び)

・炎天下の中、車内に置いていかれる。(地下駐車場も、熱がこもっていたりするので、日陰でも安心は出来ません)
 数分でも危険です!!
                        など。

このような事が原因で体温が異常に上昇し、高熱による障害を起すことを熱中症(日射病)さらに、ひどい状態を熱射病といいます。


特になりやすいのは

パグやシーズーなどの短頭種
グレートピレネーズ、シベリアンハスキー、セントバーナードなどの大型犬、長毛犬など(寒い気候の国から来た犬が多い)
太った犬(皮下脂肪が体温をこもらせる)
毛色が黒い犬(熱を吸収しやすい)
老犬・子犬・病後など体力のない子

コーギーなど(?)、暑さを忘れて遊びまわってしまう元気な子たちにも注意が必要かもしれませんね。

car-hiyo.gif


次は、「症状」についてです。

症状

パンティング呼吸(はげしいあえぎ呼吸)、大量のよだれ

体温上昇(直腸温度が40〜41度)
脈拍が速くなり、口の粘膜が鮮紅色にそまる

血液のまじった嘔吐や下痢。
けいれんをおこし、血圧低下、心音が弱まり呼吸不全

ショック状態で、昏睡。

死に至る。


ただちに、処置をしないと大変危険です。

処置の方法

1)とにかく冷やす!!一刻も早く体を冷やすこと
  *屋外なら風通しのよい日陰に移動。
  *顔→全身の順番に、水をかける。(家ならお風呂場)
  *ひどければ、水風呂に入れる。
  *首筋や、脇の下などを十分に冷やしてマッサージ。
   必要なら、濡れタオルの上から氷を当てる。

2)水が飲めるようなら、ゆっくり少しずつ飲ませる。
  (スポーツドリンクでも可)

3)冷やし過ぎもよくありませんが、とにかく、濡れタオルで
  全身を包むなどして急いで動物病院へ。

  ※状態が落ち着いても、体内では体温上昇によって、トラブルが
   生じている場合もあるので、念のため病院へは行きましょう)


予防

暑い日の留守番は、換気をよく。
 クーラー、扇風機などをうまく利用して、室内の温度に気をつける。
 (ただし、冷やしすぎも良くありません)

カーテンを閉めるなどして、日差しが当たらないようにする。

水はたっぷり飲めるように準備する。
 (遊んでいてこぼしたりするといけないので、予備もあると安心)

外飼いの子には、日陰を作ってあげる。

散歩中は水分補給をする。

散歩は、早朝や夜の散歩に。
 アスファルトなどは特に、地面に触れてみて温度や照り返しを
 チェックしてみる。

水遊びなども有効。

水で濡らした服を着せる。

黒い犬には、白い服を。

犬がバテていないか、様子を見る。

夏も危険ですが、飼い主さんもそれなりに気をつけると思います。
梅雨時期など、急に暑くなってしまった時に留守番をしている
子などが熱中症になる事も多いようです。


また、サマー・カットも刈込みすぎると、日陰では涼しくても、日なたでは直射日光が直に皮膚にあたって、暑さが増し、かえってダメージを受けてしまうこともあるようです。
(飼育環境によって、判断するといいですね)

ただ、暑そうな毛皮に、抜け毛が残っているのも、暑さが増します。念入りなブラッシングで余分な毛を落としきってあげましょう。


熱中症は、とっても怖いです。
でも、飼い主さんが注意してあげることで、熱中症にかかる
確率を大幅に下げることが出来ます。

熱中症に気をつけて、元気に夏を過ごしましょう晴れ



今日も、読んでくれてありがとうございました。
役に立ったよ。っていう方、クリックしていただけると嬉しいです。

a_03.gif


ラベル:熱中症
posted by りくのっこ at 17:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・ケガについてのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セシール
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。